HOME | 商品紹介 | KMW-S-Oven

KMW-S-Oven

ストーブトップがより広くなり、お鍋などを乗せられる量が増えました。
羽釜の使用で美味しくご飯を炊くこともできます。
高温の排気がオーブンの周りを循環することで
今まで以上にオーブン性能は向上しました。
このクッキング薪ストーブの暖房能力は、
30坪前後の建物であれば寒冷地でも十分対応することができます。

 

燃焼法:二次燃焼 クリーンバーン ダンパーユニット内臓及び、排気口ダンパー付

暖房能力(定格出力):30〜35坪(12200kcal/h・14.17kw/h)輻射式

薪長:45cm

外寸:W750・D470・H880(mm)

重量:220kg

オーブンスペース:W300・D310・H260(mm)

ストーブトップスペース:810・530(mm)

本体価格:    オープン価格    

ケンズメタルワークの薪ストーブが選ばれる5つの理由

#1「ストーブ性能が高い」

ストーブの性能について3つの要素に分けて詳しく説明しています。
薪ストーブの性能とは何で決まるのか、まずはこちらをご覧ください(約8分)
 

#2「強さと耐久性」

ストーブを長い期間使う為には耐久性が重要になります。
素材の特性や薪ストーブに使われる材料について説明しています(約3分)
 

#3「調理機能が充実」

薪ストーブで調理をしようと思っている方はご覧ください。
弊社の3機種で比較しながら説明しています(約5分)
 

#4「炎の美しさ」

薪ストーブを実際に使うと私たち人間にはどのような効果があるのか
炎がもたらす影響について話しています(約2分40秒)
 

#5「コストパフォーマンス」

薪ストーブは導入する時以外にもお金がかかってきます。
購入後に後悔しないようにランニングコストについても説明しています。
(約7分)
 

-扉は観音開き-

扉は観音開きです。
燃焼室とオーブンの位置を無料で変えることが出来ます。

-釜でご飯が炊ける-

ストーブトップでは羽釜を使ったご飯も炊けます
(直径20cmまでの羽釜、1.5升炊き)

■排気内蔵ダンパーの他に煙突口にも排気ダンパーが有る為、燃焼調整がスムーズに行えます。

■オーブンでピザやパン、ストーブトップでは煮物や羽釜を使ったご飯も炊けます。

■オプションの五徳をつければ熾き火で焼き物もできます。

■オーブンが真横にに装備され、炉室からの輻射熱とダンパー操作による排気熱でオーブンを暖めます。

■ストーブトップでは直火で料理が出来ます。

■窓ガラスの表面を空気が流れるセルフクリーニングシステムによりガラスが曇りにくく、 きれいな炎がご覧頂けます。

■底板・側板・天板は独立、8mmのボルトによる完全組み立て式構造です。

 全重量は200kg以上ありますがパーツ1個あたりで一番重くても35kgほどでお一人でも搬入設置が可能です(2人での設置をお勧めします)

■カラマツなどの針葉樹でも問題なく燃やせます。      

※デザインは予告なく変更される場合があります。

燃焼中の動画です
(機種:KMW-S-Oven)

   
 
 
Copyright Ken's METAL WORK. All Rights Reserved.
 
お電話でのお問い合わせ
営業時間9:00〜18:00
(年末年始を除く)
 
薪ストーブに関する小さな
疑問でもお答えします
お気軽にLINEから
お問い合わせください